鴨のブログ@愛

おじさんの私的でステキな愛のブログ@妄想系

おじさんの妄想(エロいの)をメインに日々の出来事を綴っていきます。たまにレビューなども。

ネット黎明期の話(その2) - エロサイトを初訪問

(前回からの続きです。)

gibraltar.hatenablog.com

 

前回までのあらすじ

中学生時代、初めてパソコンに触れた鴨少年(私)。当時の友人の情報によりパソコンを使うとエロい画像が見られることを知る。そしてバイトに励み遂にパソコンを購入、試行錯誤のうえインターネッツへの接続を試みるのであったが・・・

 

 

 

私『クソAOLの画面なんかどうでもいい!』

 

私は机の中からおもむろにとあるメモを出します。
そうです、友人に教わったエロサイトのアドレスが書かれている紙です。

心臓をバクバクさせながらもドラクエ2の”ふっかつのじゅもんを入力する子供のごとく目をキラキラと輝かせながら慣れないキーボードで文字を打ち込みます。BGMは「Ero Site 探して」(by 私)

  

キーボード『カタカタ・・・・・カタッ・・・・・タッ・・・・・・・・・・・・・・・ッターン!!』

  

当時のことを詳細に思い出しますと、今URLを打ち込んでいるこのアダルトサイトのサイト名称はたしか「アダルトサイトだったかと思います。(本当の話)
サイト名が抽象的過ぎですが、しかしそれで成り立つ大らかな良い時代でした。
(※当時のネットがいかに大らかでカオスな無法地帯であったかは「ネット黎明期の話(その3)以降を参照下さい)

 

さて、ゆっくりと少しずつ読み込まれていく「アダルトサイト(固有サイト名)」。

なお私のパソコンは当時最先端のアナログモーデムを搭載していましたので、通信速度は56kbpsも出て当時最速です。
当時の一般的な主流は28.8kbps~33.6kbpsのモーデムでした。

 

この差をガンダムで例えるなら ” ザクグフ ” ぐらい違います。 

ランバ・ラル大尉(35歳)
アムロが唯一越えられなかった壁、ランバ・ラル大尉(35歳)

最強かと思われた56kbpsモーデムですが、しかしその後、安定した品質のデジタル回線で電話をしながらネットも出来る、さらに速度が64kbps及び128kbpsという次世代通信規格のISDNが登場します。 

これもガンダムで例えるなら”前々から噂されていたジオンの最新モビルスーツ隊「黒い三連星」が遂に目の前に現れたと”言った感じでしょうか。 

黒い三連星
「ガイア、オルテガ・・・あと一人誰だっけ?」でおなじみの黒い三連星

さてガンダムの画像を貼って満足した所で56kbpsの話に戻りますが、これは計算すると100KBの画像を表示するのに(通信状態がベストだとして)大体14秒かかります。
(実際には30秒~1分くらいかかっていました) 

こんな速度ですのでテキストメインのトップページを表示するのにも十秒くらいかかります。その間はただ悶々として待つのですが、そのときの1秒の長いこと長いこと。 

そして待つこと十数秒、ようやく現れた数々のリンク文字

 

 

 

 

 

 

 

アダルトサイト (since1994)
あなたは [0][3][4][9][1][4][7] 人目のお客様
4/23 更新しました 12枚追加!
金髪美女のモロ画像(1)
金髪美女のモロ画像(2)★おすすめ
金髪美女のモロ画像(3)★おすすめ
金髪美女のモロ画像(4)
金髪美女のモロ画像(5)



(略)

 

 

 

 

 

 

  

 

 

私『来たコレ!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

人の一生において胸を張って「興奮した」といえる場面は、実はそう多くはありません。だが、このときの私がその数少ない場面に出くわしたであろう事は、今考えても疑う余地はない。

 

 

私『・・・ユウテイミヤオウキムコウ・・・ふ・・・ふっかツのじゅもん成功ナリィ・・・・ペペペペペァァ』(混乱)

 

 

興奮しすぎて混乱したまま震える手で★おすすめと書かれたリンクをクリック

 

すると、ゆっくりと、画面が切り替わります

 

 

そして・・・

 

少しずつ・・・

 

だが確実に読み込まれていく画像・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に卑猥な画像(イメージ)
(※画像はイメージです。実際には非常に卑猥な画像です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♥ !憤死! ♥ ♥

 

 

 

 

 

 

興奮の度合いが最高潮に達し過ぎて一周回って憤死しかけましたが、こんな私はおじさんになった今でもかろうじて生きていますどうも

 

 

 

 

 

本当に価値のあるものとは

 さて、今でこそいつでも気軽に見られるエロ画像ですが、こんなものに価値などあるのでしょうか。否!こんなものに価値などないっ!(まぁ見るけど)


私が言いたいのは当時のネット環境で見るエロ画像!その価値っ!これは非常に重い!重厚ッ!   

 利根川「エロは命より重いっ!」

 

マジメな話、「苦労して得た分だけ、その物には価値がある」というのは人生においてひとつの真実だと思います。

今回はたまたまエロ画像の話でしたが、それは学校、会社、家庭、親友、恋人、家族、そしてお金・・・これらに言い換えても当てはまるのです。そしてこれらはいずれも簡単に得られる物ではありません。これらを得るには必ず努力が伴うのです。

私はこの記事を終始冗談めかして書います。だが常に伝えたいメッセージがあり、それをよく考えた上で行間に内包させているつもりです。

この記事がもしどなたかに目にとまったらならば、特に若い人たちには考えて欲しいのですが「本当に価値のある物とは何なのか」、これを心の片隅において日々を過ごされることを望みます。 

簡単に得られる物には相応の価値しかないのです。良く覚えておいて下さい。

 

 

 

 

 

さてここで問題です。

 

【設問1】
「私」はこの文章を記している途中のどの段階で「昔見た懐かしいエロ画像を思い出してたら悶々としてきたので文章書くのを放棄してネットサーフィンを開始し過去に見た懐かしの懐古的エロ画像に出会う為に執念を燃やして画像サイトをさんざん探ったが結局思い出のエロ画像には出会えず意気消沈していたがしかし「私」の”あの部分”だけはめげずに意気揚々なので可愛い息子の為に最近知った上質なエロ動画サイト(すでにブックマーク済)を訪問して巨乳・美乳カテゴリを迷わず選択そしてランキング上位の動画を再生し自らの問題を処理した」のか。以下の選択肢より選べ。
ただし「私」の知人の台詞『彼は言っていたよ。賢者には文字装飾など不要であると。』を考慮した上で回答すること。

 

a. 「ランバ・ラル、バルで乱交」という意味不明で最悪の下ネタを思いついたとき

b. どうせだれも誰も見ないくせにフリー素材の女性のGIF画像を小一時間かけて作成していたとき

c. エマ中尉とマチルダ中尉の時空を越えた百合画像をどこで使おうか考えていたとき

d. 利根川らへんで体力の限界を感じたとき

 

 回答欄         

 

 

その3へ続く