鴨のブログ@愛

おじさんの私的でステキな愛のブログ@妄想系

おじさんの妄想(エロいの)をメインに日々の出来事を綴っていきます。たまにレビューなども。

そっと

ブログのデザインをいじってみたりしてたら数日が経ちました。

我ながら女子力が若干アップしたように思えます。

さて最近思うのですが、なんだか、結局、どこに行っても生々しいのですね。
それって大人として生きているかぎり仕方のない事なのでしょうか。

そもそもFacebookが苦手で逃げてきた感のある私だったりします。"輝かしい感じに見えるもの” が苦手なのです。

友人たる輝きマンたちを横目に日々脳内で妄想を重ねているわけですが、置かれた状況を冷静に考えてみると私もリアが充してる気もするので、じゃあつまりアタシってちょっとまぶしがり屋なんだな、といい方向にとらえてみました。

自分の中に生まれた欲求を露骨に表すことが好きではない、というよりはストレートにそういう行動を取る事に疑問があって、やろうとしても恥ずかしく思ってしまうので、今日も毛布を一枚かぶって壁越しに物事を伝えるわけです。つまり邪魔なのは〇〇欲求なのですが、その言葉も存在自体も私はとても嫌いなのです、字にして書きたくもないほど。個人的にはそんな欲求は氏ねばいいと思っています。

基本的には誰かに殴られても骨まで達しなければ何も言わないスタイル。敏感すぎるから鈍感のふりしないと生きていけないのかもしれません。

そうしていまだに、子供のように、素直に生きることが一番大事だと、そう信じて生きています。

 

と、メンヘラ系女子っぽく記してみました。

さて色々書いてスッキリしたところで、これから「私の大好きな欲求」を露骨に満たすべく深き探求の旅(=エロ動画サイトを徹底的に漁る)に出て「私の敏感すぎる部分」に関してこちらでも色々カイてこようかと思います。もはやスッキリしすぎてハゲそうですが大丈夫、私は今日も元気です。