鴨のブログ@愛

おじさんの私的でステキなブログ@妄想系

おじさんの妄想(エロいの)をメインに日々の出来事を綴っていきます。たまにレビューなども。

夏休みレポート(ゆるいやつ)

はい、夏休みが終わりましたね。全国のはたらくおじさんの皆様方におかれましては如何お過ごしでしょうか。私はいつも以上にテキトーに働いております。休み明けにやる気なんか出るわけがありません。

さて、私の住んでいる地域は休み中ずっと雨でして、それでも僅かな晴れ間を狙ってキャンプには行けました。今回はその様子をテキトーに記してみようと存じます。ええ、今回も普通の日記です。

 

その日は連休中唯一「晴れ~曇り」の予報でした。せっかくなので早めに行って遊ぼうかと考えたのですが、しかし私には朝早くに起きすることが難しいのです。朝は眠いのです。それに前日は友人達と飲んでたし。とりあえず二度寝しました。

のんびりと支度をしてダラダラと昼過ぎにキャンプ場へ到着。テントとタープを張って適当に昼食を取りますとさっそくやることが無くなりました。暇すぎた私は場内にあったレンタル自転車を借りて近くの海を見に行くことにしました。

f:id:gibraltar_may_tumble:20170818192423j:plain

東京湾。都内某所。

鴨『海だなあ・・・・・』

 

鴨『海だ・・・・・・・』

 

鴨『海ィ・・・・・・・・・・・・・・・ェ』

 

海を見ても何がどうと言うこともなく。
その辺に大量発生しているフナムシを尻目にテントサイトまで戻りました。

 

 

さて、サイトに戻ったのはいいのですがマジでやることがありません。夕飯にはまだ早い、というか割とさっき昼飯を食ったばっかです。

そこで私は密かに持参しておりました本を取り出し、他の人を放っておいてそれを読む事にしました。

f:id:gibraltar_may_tumble:20170818193904j:plain

自然豊かなキャンプ場のど真ん中で一人で本を読むという協調性のなさ。しかも読んでたのが『人間失格』だという。キャンパー、失格。自分はもはやキャンパーでは無くなりました。然し乍ら、自然の中に身を於き、陰鬱な本を読み、降り注ぐ陽光とは別の何か、そんな異質な物体に体内を支配せられ、そして私は次第に腹を空かせて居たのです。(※屋外で本を読むのはわりと気持ちが良いものです)

 

というわけで時間の経過と共に腹が減って参りましたので、ちょっと早かったのですが飯の準備を始めました。その前に取りあえずビールを1本開けます。外で飲むビールの美味さは異常。
炭に火を付けて網の上に肉を置きました。

f:id:gibraltar_may_tumble:20170818194923j:plain

肉の類しか乗せないという。おとこの風景。

ダラダラと食って飲んでしてたら夕方過ぎに眠くなったので一人で先に寝ました。

 

 

 

そして早くに寝すぎたせいか、深夜に目が覚めてしまいました。

 

ふらふらとテントから出て、外のイスに座り、タバコに火を付け一服します。

東京の湾岸に位置するこの場所では、暴走するバイクの音が、深夜にも関わらず、遠くで唸りを上げています。

f:id:gibraltar_may_tumble:20170818200624j:plain

私の知らない誰かが、あの橋の上で、爆音を響かせながら、走っています。

 

私は昼間の読書を再開し、小一時間かけて『人間失格』を読了しました。

つーか深夜に一人でこの本読むのヤベーわwww精神的にキツすぎワロタwwwwww
それにしても太宰はすごいですね。いずれこの本の感想文なんかも記事にしてみたいと思います。気が向いたらですけども。

 

さて、読書中に腕や足を蚊に十数箇所刺されて悲しくなった私はそそくさとテントに戻り寝ました。翌朝は雨の予報だったのでせっせと帰り支度をして昼頃には帰宅しました。
以上、変態が送る「さわやか夏休みレポート」でした。

 

------------------------------------------

 

p.s. 前回マスヲさん(id:move-wife)に寄稿頂いた記事ですが、普段の私からは想像もつかないほどのPVがありました。そしてホットエントリ入りとかいう。神の圧倒的な実力を見せつけられました。それに感動した私は神への供物として強制的にVRゴーグルを送りつけることにしましたのでそのうち自分のところでVRの記事を書いてくれるかも知れません。勝手に期待しております。
あとは某さん(id:issizzz)が、ブログデザインが真っ黒なマヂキチ仕様うちにVR記事を書いてくれれば完璧なんですがね。しつこい様ですがどうなんですかねその辺。